■すっきりとした甘みの凛とした美味しさ「宗玄 純米 生酒」

私が酒屋を手伝い始めてすぐの頃、初めての研修で行った県外の酒蔵が石川県の「宗玄」「菊姫」「万歳楽」の3つの蔵元さんでした。3月の雪の積もった酒蔵の景色と、しんと冷え切った蔵の温度、そこで働く蔵人さんたちの真っ直ぐで凛とした姿は今もよく覚えています。

そのとき初めて飲んだ宗玄さんのお酒は「石川門」という地元の酒米を使ったもので、味わいの奥の方にとてもかすかな苦みみたいなものを感じました。不思議とそれが美味しい!「苦み」というものに心地よさと美味しさを感じたのはこれが初めてで、私にとってはすごく新鮮でうれしい発見でした。

今回入荷したお酒は、山田錦で造られた夏の限定酒です。栗のような上品な旨みと、さくらんぼのようなスッキリとした甘み。宗玄さんらしい凛とした美味しさを感じるお酒です。

 

・宗玄 純米 生酒  720ml ¥1,650(税別)


■きれいな初夏の生酛「はぎの露 生酛特別純米原酒」

4月の初めに、萩の露の蔵元、高島市の福井弥平商店さんで開催された新酒お披露目会へ行ってきました。会場には約50種類のお酒がズラリ。水とお米という同じ原料で、こんなに多彩な味わいと美味しさが生まれることに改めて感動する一日でした。

こちらのお酒は、萩の露さん夏の限定酒。生酛づくりから生まれた酸と、かすかなシュワシュワ感、なめらかな甘み、それぞれが調和してとても爽やかな心地よさを感じました。

様々な美味しさをもつ萩の露さんのお酒。夏限定のこの1本もぜひ味わってみてください!

 

・萩の露 生酛純米 無濾過生原酒  ¥1,600(税別)


■東京生まれの爽やか甘酸っぱいお酒「多摩自慢 夏の生酒」

まだまだ先と思っていた東京オリンピックももう来年。活気づく東京から、初夏のお酒が届きました。

東京の福生に150年余りの歴史を刻む蔵元、石川酒造さんの夏季限定生酒です。大吟醸クラスにまで磨き上げた兵庫県産の山田錦と、爽やかな風味を感じるリンゴ酸を多く作る酵母を使用。さらに四段仕込みで甘やかさをプラス。アルコールは14度に抑え、軽やかで甘酸っぱい初夏にぴったりのお酒となっています。

平成もあとわずか。爽やかな新しい風を感じるお酒です。

 

・多満自慢 純米吟醸 夏の生酒 720ml ¥1、450(税別)


■喜楽長30BY 最後の新酒生酒!「特別純米 滋賀渡船 生原酒」

地元の酒蔵 喜多酒造さんから30BY最後の新酒生酒が届きました。

喜多酒造さんでは10月から始まった酒造り。先日、今年も無事造りが終わったとのことでした。蔵の皆さん、毎年美味しいお酒をありがとうございます!

30BY最後の新酒生酒として届いたこのお酒は、「滋賀渡船6号」という酒米で醸したものです。滋賀渡船6号は、酒米の王様「山田錦」の父親系にあたる品種で、滋賀県固有の酒米です。

穏やかな香りと味のふくらみ、渡船特有の酸と甘みのバランスが絶妙な生原酒。トリにふさわしい、力強く豊かな味わい!お楽しみください。

 

・喜楽長 特別純米 滋賀渡船 生原酒

 720ml ¥1,300(税別)  1,8L ¥2,600(税別)


■初夏のお酒一番のり!「一ノ蔵 特別純米 ふゆみずたんぼ」

4月の雪から一変。あたたかな春になり、一気に桜が満開になりました。

春本番やなあと思ったその日、宮城県の一ノ蔵さんから一足早く初夏のお酒が届きました。

「ふゆみずたんぼ」とは、稲刈りのあと耕さずに田植え前まで水を張る水田のことです。冬の間には渡り鳥たちの貴重な餌場やねぐらとなります。

その「ふゆみずたんぼ」で育ったお米で醸した爽やかな初夏のお酒です。お米の柔らかな口当たりと、宮城酵母の華やかな香り。一足早い初夏の美味しさ、いかがでしょうか?

 

・一ノ蔵 特別純米 ふゆみずたんぼ 720ml ¥1,504(税別)


■山田錦で一新!生まれ変わった「近江龍門」

うちのお店から徒歩15分くらいのところにある地元の酒蔵「近江酒造」さん。ここで醸す人気のお酒「近江龍門」がリニューアルしました。

原料米をすべて山田錦に変更し、きれいな吟醸香とふくよかなお米の味わいが生まれました。近江龍門純米酒は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019」で最高金賞を受賞。ラベルもスタイリッシュに一新!新しくなった龍門、ぜひお楽しみください。

・近江龍門 純米酒 720ml ¥1,280(税別)

・近江龍門 純米吟醸酒 720ml ¥1,380(税別)

 

4月28日・29日は近江酒造さんで「蔵祭り」が開催されます。近江酒造さんのお酒の即売会や、立飲みバー、楽しいバサーもいろいろ!家族みんなで楽しめるイベント。お問い合わせは近江酒造さんへ。


■瀬戸内の潮風と太陽のめぐみ「瀬戸内みかん塩マーマレード」

昔、家族旅行で訪れた瀬戸内海は、琵琶湖とも違う、日本海とも違う、優しさと穏やかさに満ちた美しさを感じる景色でした。

瀬戸内海で太陽の光をいっぱい浴びて育った、夏みかん、冬だいだい、ネーブルオレンジを材料に、隠し味に入れたお塩が効いた、美味しいマーマーレードが届きました。うすーくバターを塗って焼いたトーストにマーマレードをたっぷりつけて幸せな朝ごはん。私はプレーンヨーグルトに入れるのがお気に入りです。

 

・瀬戸内みかん 塩マーマレード ¥600(税別)


■農口杜氏と若手蔵人たちの夢「農口尚彦研究所  大吟醸」

小さい頃憧れた私の将来の夢は、獣医、花火師、花屋、樹木医…

いろんな職業に憧れながらコロコロと変わっていった私の夢とは対照的に、私の中で全く変わらなかったことは、生き物が好きなことと、絵を描くことが好きなことでした。夢とは全く違う職業をつなぎながら大人になり、今、酒屋という仕事をしていて思うことは、もう夢は叶っているのかもしれないなあということです。もろみの発酵する姿に感動し、酒米を育てて、お酒のポスターやプライスカードに絵を描くこと。私の夢は、小さな毎日がゆったりと重なってできています。

 

石川県の農口尚彦研究所さんから、たくさんの夢が詰まった大吟醸が届きました。お酒造りに魂を込めた農口杜氏と若き蔵人たちが醸す究極の1本。化粧箱を開くと「夢造」の力強い文字。いろんな人のいろんな形の夢に、新しい時代への希望を込めて。

・農口尚彦研究所 大吟醸 720ml 化粧箱入 ¥8,000(税別)


■旨口の限定醸造作品!「嘉美心 無濾過 純米吟醸生酒」

冬の旨口限定酒「冬の月」でお馴染みの岡山県「嘉美心酒造」さんより、シリアルナンバー付きの限定酒、やってきました!

熟したメロンのような濃密な果実の香りにうっとり。濃厚な甘みに包まれて「うーんしあわせ!」。蔵元の内倉杜氏のコメントも「今回の無濾過純米吟醸生酒は、これまでにないくらい甘みを主張したタイプに仕上がっています」とのこと。

甘口派の方、嘉美心のお酒とどうぞ幸せなひとときを。

 

・嘉美心酒造 無濾過 純米吟醸生酒 

 720ml ¥1,460(税別)


■華やかふくよか春ワイン「ルミエール スパークリング ロゼ」

山梨県のワイナリー「ルミエール」さんから、春にぴったりのスパークリングワインが届きました。ルミエールさんは、「よいワインはよいブドウから」をモットーに明治18年から続く歴史あるワイナリーです。

このスパークリングワインは、瓶内二次発酵後、約一年熟成させ、その後手作業で丁寧に澱を取り除いて仕上げられています。きめ細かくなめらかな泡立ちとフルーティーな風味。ふくよかで厚みのある豊かな味わい。

鮮やかな桜色とこの味わいがこれからの季節にぴったり!御祝の品やプレゼントして、またちょっと贅沢なお花見にもいかがですか?

 

・ルミエール スパークリング ロゼ

 750ml ¥2,400(税別)


■濃い甘みに福来る!「福のしずく 十水仕込無濾過生原酒」

大人気!高島市福井弥平商店さんが醸す限定酒「福のしずく 十水仕込」が復活しました。

「十水仕込(とみずじこみ)」は江戸時代の仕込み方で、現代の通常の仕込み方法よりもお米に対する水の量を2割ほど減らしてつくるそうです。そのため出来上がってくるお酒はとっても濃密!濃厚でリッチな甘みを感じるとともに、驚くのはきれいな透明感があること。

無濾過生原酒なので、美味しさが贅沢にそのまま味わえるのもこのお酒の魅力。一度は飲んでいただきたいおすすめの1本です。

 

・福のしずく 純米吟醸 十水仕込 無濾過生原酒

 720ml ¥1,500(税別) 1.8L ¥3,000(税別)


■緑濃い峡谷の清らかなウイスキー「シングルモルト宮城峡」

北海道余市蒸溜所がスタートして約30年後。日本のウイスキーの父「マッサン」こと竹鶴政孝は、余市とは異なる個性のモルトウイスキー造りを目指し、辿り着いた場所が、宮城県仙台の西にある緑の峡谷「宮城峡」。

2つの清流に囲まれたこの場所は、一年を通して霧や靄に包まれているそうです。

みずみずしい自然に育まれた華やかでフルーティーな香りと爽やかな余韻。

緑濃い峡谷で深呼吸をするような清らかな味わい。ハイボールにもおすすめです。

 

・シングルモルト 宮城峡

750ml ¥4,200(税別)


■きらきらグラスとわたしの楽しい時間-タンブラーいろいろ!-

楕円形に六角形、気泡入りに切れ込み模様…

いろんなカタチのタンブラーを入荷しました。

好きなカタチのマイタンブラーで飲めば、お酒もジュースもいつもよりもっと楽しくて美味しい!春の魚介や野菜をつかった和え物や前菜をちょこっと盛る器にも。また、春の草花をそっと生けて窓辺に置けば、それだけでうれしくなります。

春の優しい光にかざしながら、グラスと素敵な時間をどうぞ。


■ガス灯と過ごすあたたかな時間「長期貯蔵芋焼酎 宵の灯」

※再入荷しました。

ガス灯をイメージしてつくられたあたたかみのある丸いボトル。鹿児島県の薩摩酒造さんの限定芋焼酎酒です。

ゆっくりと時間をかけて熟成させた深みのあるまろやかな味わい。

ボトルの裏ラベルにはこんな一文、

『暮れゆく街にまたひとつ、またひとつと、灯がともっていく。そんな時を楽しむようなしみじみと旨い芋焼酎です。』

どうぞゆったりと素敵な時間をお過ごしください。

 

・長期貯蔵芋焼酎 宵の灯 

 720ml ¥1,600(税別)


■宮城県の美味しい鈴の音「スパークリング清酒 すず音」

小さな鈴が「しゃんしゃん」と優しく響くようなイメージの、きめ細やかな泡。シャンパンと同じ製法である瓶内発酵で生まれた泡はとても心地よくのどを通っていきます。

宮城県の蔵元「一ノ蔵」さんの日本酒のスパークリングすず音は、20周年を迎えました。やわらかく上品な甘酸っぱさは、たくさんの人に愛され続けています。私も大好きなお酒の1つです。

 

・一ノ蔵 スパークリング清酒 すず音

 300ml ¥741(税別)

 

▶宮城県「一ノ蔵日本酒大学」にいってきました


■日本のぶどうのスパークリング「ルミエール パール甲州」

「甲州」は長い歴史を持つ日本固有のぶどうです。

甲州という名前をはじめて聞いたとき、ワインのブドウなので、ビノ・ノワールのような黒に近い濃い紫色か、シャルドネのような黄緑色を想像していました。でも実際はグレイがかった透けるようなピンク色でした。その何色とも言えない曖昧で繊細な美しさが、とても日本らしいなと思いました。

このワインは、その甲州を使った爽やかな甘口のスパークリングワインです。花の蜜のような上品な甘さとグレープフルーツのような心地よいほろ苦さが広がります。オーストラリアで開発されたという開けやすい新型キャップもうれしい!

春にぴったりの味わい、プレゼントにもどうぞ。

・ルミエール パール甲州 375ml ¥1,000(税別)